« 抱っこ紐の結末 | トップページ | お散歩 »

心も体もゆ~ったり

 まだmoonちゃんが私のところに来るずーっと前,独身時代には「お楽しみ」がいくつかありました。

 仕事が忙しく本当によく頑張ったと思う時,いや~なことがあったけど何とか乗り越えた時,嬉しいことがあった時に「お楽しみ」と称して自分にご褒美をあげていました。

 その「お楽しみ」。自分以外の人にとってはとっても小さなことなのかもしれません。

 例えば,「イチゴを一パック買っちゃう」 「美味しいスコーンを焼いてくれる喫茶店でティータイム」 「女性割引の日に映画を見に行く」 「仕事帰りにお気に入りのbarで一杯の寄り道」などなど。

 普段の生活のなかで何気なくしていることの一つかもしれませんが,「お楽しみ」として味わうことで何かもう一つ違った感覚で過ごすことができます。

 チョット頑張ったご褒美にはチョット嬉しくなるようなことを「お楽しみ」にしていますが,モット頑張った時のご褒美としてモット嬉しくなるような「お楽しみ」も決めていました。

 その一つに温泉があります。日帰りの湯に行くと,近場なのに旅行に行ったような気分が味わえて,ゆったりできて,美味しいご飯が出てきて言うことなしです。

 いつもは体を清潔にするためにお風呂に入りますが,温泉に入る時は時計を気にせずに時間の流れを楽しみます。湯気の上がる湯船にゆっくりと体を沈めたり,火照った体を冷ましながら半身浴したり,暖かい時期にはコロンと横になって涼むのもいいですね。

 あ,でも,水分補給は忘れずに!結構汗をかいているものです。

 

 今はmoonちゃんとの毎日を慌しく過ごしています。独身時代のルールで言えばモット頑張った時のご褒美をもらってもいいのですが,それもなかなかうまくいきません。

 どうしてかって?それはmoonちゃんがいるからです。子供が産まれてからというものいろいろな施設に行ったとき気になるのが,その施設の赤ちゃんに対する優しさです。

 スーパー銭湯で「オムツ着用者入浴禁止」と書かれてあったり,ベビーベッドがなかったり,オムツ交換の場所がなかったり,トイレが狭くmoonちゃんと一緒に入れなかったり…。

 赤ちゃんと一緒には来ないでくださいって言うことなのかなぁと思うことしばし。でも赤ちゃんを育てているお母さんってお疲れだからゆったりしたいと思うんだけどなぁ。

 旅館ならそんなことはないのかしらと思いながら,旅館を探しているとこんな所がありました。

 湯快リゾートグループです。

 お泊りできてこのお値段は安いっ。私の住んでいるところの近くにないというのが残念ですが,ぜひぜひ行ってみたい所です。あ,近かったらわざわざ泊りには行かないか…。

 いつか高野山に行きたいと思っているので,そちらにお邪魔しようかしら…。

|

« 抱っこ紐の結末 | トップページ | お散歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。